それは別のランダム憎しみに始まった前に、 50 私は意味s'tinki OS, 私は毎日、彼女はかなりよく単数一人称を知って管理すること. 今日、私は新しい魔法前代未聞と目に見えない機能distrubitivenアップグレードをiztestvamする時間を過ごしました (擬似) 😀 . 私を驚かせた最初のものであり、, その無限の知恵でそのRedHatのは、x86アーキテクチャのサポートを中止することを決定しました🙄 . Напълно съм наясно че сме 2014-та година и сървърни процесори с 32 ビット長命令行方不明. Мда ама какво правят потребителите на малки VPS-и – x64の足それ以上のRAMを, あなたはすべてのために戦うことになる512MBのRAM、1ギガバイトとシン仮想マシンを持っている場合は、それを見として、それをmegabayと無駄にしません 20-30% ただ、命令の大規模なセットを使用するには. Prepsuvah私はCentOSのx86とx64のinstalil 1を引っ張ったため、. すぐに私はISO番目の違いを見て – 〜100メガバイトの最小при 6.5. Prepsuvah 1より多くの時間. 私はRedHatのが彼らの仕事をしている方法をよく見することを決めたvirtualkata私は再びインストール – 私は/ varとは/ usr別々のLVMパーティションました😈 . インストール後にインストールされているすべてのパッケージとApacheをアップグレード, PHP, MySQLのиバインド – 火災のサービスをキャッチすること面白かったです. 更新するのCentOSの優秀な生徒のリーダーシップとしてオープンし、ステップバイステップに従うことを熱心に始めました. 私は、実際のアップグレードを開始した瞬間に達したとき、この山のライオンは私を刻まれました, че имам критичен проблем 🙄 . 詳細な出力を確認 – mdaaaaは/ usr、それは私が知っていた別のパーティション😆であることはできません, 私はジム・ホワイトハースト、会社に失望することはないだろう. 保存 “極端な” 問題は非常にメッセージ符号なしのパッケージでした, 一致していないkonfiziファイルなど. WTFも、そのミラーから第三リポジトリのすべては、私はyumをインストールするだけの簡単な設定を行っていなかった私を引っ張って使用していませんでした. 今、すべてがはっきりしていたので、かなりあっさりアップグレードを強制的に. 私は最終的にスクリプトを要求し、それが/ usrパーティションのすべて終わったとして熱心にもう一度再起動します. 私は怠け者でした, それは修正してみてください, така или иначе всичко беше само с научна цел няма как продуктов сървър да го надграждам към момента. Хванах преинсталирах си виртуалката като този път всичко си го набутах в 1 дял. Също си взех поука, никакви ъпдейти никакви допълнителни сървъси, след инсталацията директен ъпгрейд. На финалната стъпка отново изскочи досаният диалог който ми каза, че имам доста High проблеминевалидни пакети, конфизи и прочие но може да продължи. Знаех си че по начало не ги правят както трябва нещата. Рестартирах отново и зачаках – ああ何奇跡のアップグレードが正常に完了しました. そしてそれは働いた、または少なくともブートおよび追加パッケージをインストールしようとしません, しかしhaltコマンドは異なり – sysが、まだバグでなければなりませんでした💡 . この全体のタラポトはきれいCentOSにインストールすることを決定した後、 7 我々はLVMで/ブートパーティションのためにうなるかどうかを確認します – 6.5 このような傲慢さを許可していません. ISO-私はそれを起動し、私は穏やかにインストーラによってショックを受けました – それは非常に快適ではなかったです “きちんとしました”, 美しいと完全に不合理な. 闘争の後、私は大切な目標を管理し、インストールして撮影することがAHA, あなたは、これは非常に深刻で、迷惑ではありません👿/ブートおよび外LVMアウト配置する必要があります, 何らかの理由であれば、あなたが200メガバイトのブートパーティションのサイズを拡大することを忘れて、彼は何が起こるかを十分に古いカーネルを得ていました.

基本的には何も私は期待できないと私はCentOSのと失望します.

RHELやCentOSのたわごとを-と誓う彼らは非常に識字発明したことがいくつかありますするように. 例えば、追加のIP-Sの数を追加すると、私たちのかなりいい仕事です. あなたが大量のアドレスを追加する必要がある場合は一般的に、私は手が機能しなかったことが操作を行っサイクルでのbash skriptcheを集計しているだろう. CentOSに/ RHELの人々に彼はかなり良い範囲ファイルを考え出しました. 一般的には、ファイル/ etc / sysconfig / network-scriptsに/のifcfg-eth0の-RANGE0を作成. ここではeth0のない場合は、ネットワークアダプタの名前ではeth0を置き換え. 次に、以下の内容を追加します。

IPADDR_START=192.168.0.129
IPADDR_END=192.168.0.254
NETMASK=255.255.255.128
CLONENUM_START=0

引数は、

  • IPADDR_START – 最初のIPアドレス
  • IPADDR_END – 終端アドレス
  • NETMASK – サブネットマスク
  • CLONENUM_START – ネットワークアダプタはeth0を開始するからナンバリング:0 私たちの場合には

 

ブリッジアダプタのセットアップでCentOSに、あまり面白いですで. 私はすでにインストールされているブリッジ-utilsパッケージとはeth0を受け入れます (これは私の例であります) セット, それでは、基本的な手順を見てみましょう

  1. eth0 BR0でコピーの設定 (すでにここにあなたがそれを修正するために、別のネーミング・アダプタが必要な場合)
  2. Zanestvateはeth0の設定ファイルBR0を記録します
  3. Bridgeのイーサネットアダプタのzamestvateタイプ
  4. 構成BR0のMACアドレスを削除します
  5. 私たちはブリッジアダプタBR0を持つことになりますeth0の設定で設定します

単純なバッシュskriptcheとしてあなたをスケジュールの時間を節約するために、


cd /etc/sysconfig/network-scripts/
cp ifcfg-eth0 ifcfg-br0
sed -i 's/eth0/br0/' ifcfg-br0
sed -i 's/Ethernet/Bridge/' ifcfg-br0
sed -i '/HWADDR/d' ifcfg-br0
echo 'BRIDGE="br0"' >> ifcfg-eth0

今日のsutinrtaは、標準のdistはDebianサーバをアップグレード行うために開始し、Dovecotは次のエラーが死亡しました🙂

[….] IMAP / POP3メールサーバの起動: dovecotError: ソケット() 失敗しました: アドレスファミリは、プロトコルによってサポートされていません
エラー: サービス(POP3ログイン): 聴く(::, 110) 失敗しました: アドレスファミリは、プロトコルによってサポートされていません
エラー: ソケット() 失敗しました: アドレスファミリは、プロトコルによってサポートされていません
エラー: サービス(POP3ログイン): 聴く(::, 995) 失敗しました: アドレスファミリは、プロトコルによってサポートされていません
エラー: ソケット() 失敗しました: アドレスファミリは、プロトコルによってサポートされていません
エラー: サービス(IMAPログイン): 聴く(::, 143) 失敗しました: アドレスファミリは、プロトコルによってサポートされていません
エラー: ソケット() 失敗しました: アドレスファミリは、プロトコルによってサポートされていません
エラー: サービス(IMAPログイン): 聴く(::, 993) 失敗しました: アドレスファミリは、プロトコルによってサポートされていません
致命的な: リスナーの起動に失敗しました
失敗しました!

 

あなたが彼女のミスをよく見ると、人の目を引きます 聴く(::, 993) 失敗しました 明らかに私は禁じIPv6アドレスを聞くためにしようと😈 . 解決策は、自分のエラーと同等ochevdinoです – 私たちは、dovecotの作業は、IPv4のみにする必要があります, 次の行で達成されます /など/ dovecotの/ dovecot.conf
聞く= 0.0.0.0
その後のDovecotの迅速な再起動を打つ、すべてが順序であり、我々は分配アップグレードを続行することができます

デフォルトではインストール時に Muninの cPanelの手でそれらを作る必要がありますいくつかの種類の設定で行方不明. 私のために、それらの一つは、ディスクの温度の監視があります.

一般的には、構成が簡単です

1. 私たちは、ドライブの種類を確認する必要があり – それは、次のいずれかとすることができます : 彼ら, SCSI, 土[,オート][,N][+タイプ], usbcypress[,バツ], usbjmicron[,バツ][,N], usbsunplus, マーベル, ビンロウジュ,N / E, 3ウェア,N, HPT,L / M / N, MegaRAID,N, CCISS,N, オート, テスト. ほとんどの最も簡単な方法は、猫を介して行われ “/PROC / IDE” または “/PROC / SCSI”. 私に:


# cat /proc/scsi/scsi
Attached devices:
Host: scsi0 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: ATA      Model: WDC WD1003FBYZ-0 Rev: 01.0
  Type:   Direct-Access                    ANSI  SCSI revision: 05
Host: scsi1 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: ATA      Model: WDC WD1003FBYX-0 Rev: 01.0
  Type:   Direct-Access                    ANSI  SCSI revision: 05
Host: scsi4 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: ATA      Model: TOSHIBA DT01ACA1 Rev: MS2O
  Type:   Direct-Access                    ANSI  SCSI revision: 05

 

 

見られるように持っています 3 ディスクタイプATA.

2. muninノードが私たちをドライブに記述するべき温度を監視するために開始するには. ファイルには以下のタイプからエントリを追加/etc/munin/plugin-conf.d/hddtemp_smartctl


# cat /etc/munin/plugin-conf.d/hddtemp_smartctl
[hddtemp_smartctl]
user root
env.drives sda sdb
env.args_sda -d ata
env.args_sdb -d ata

 

私たちは、次のように私たちの将来の設定のテストを打つことができます


# env drives="sda sdb sdc" args_sda="-d ata" args_sdb="-d ata" args_sdc="-d ata"  /etc/munin/plugins/hddtemp_smartctl
sda.value 32
sdb.value 33
sdc.value 33

 

あなたが値を取得した場合、すべてが大丈夫であることを意味. あなたがエラーを取得する場合は、すべてが正しく記載していることを確認する必要があります. muninのうなずき-、あなたを再起動し、待つべき 10-15 分人口の少ないデータおよびグラフィックスを描画するために開始. あなたは/var/log/munin/munin-node.logエラーとその容易な除去を確認することができます.

あなたは、ディスクの臨界温度は、このような重要なの説明を追加する必要があるときに電子メールを受信したい場合:

[example.com]
    address 127.0.0.1
    use_node_name yes
    hddtemp_smartctl.sda.critical 55
    hddtemp_smartctl.sdb.critical 55