Преживях малка драма с диска на лаптопа ми. След фиксването на проблема при apt-get update лъсваше следният крайно не приятен край на процеса

E: Encountered a section with no Package: header
E: Problem with MergeList /var/lib/apt/lists/debian.ipacct.com_debian_dists_sid_contrib_binary-i386_Packages
E: The package lists or status file could not be parsed or opened.

Както обикновено проблема е крайно очевиден /var/lib/apt/lists/debian.ipacct.com_debian_dists_sid_contrib_binary-i386 не може да бъде прочетен коректно. Фикса е също толкова елементарен колкото и самата диагностика на проблема:

 rf -f /var/lib/apt/lists/*

В крайна сметка резултата е форсирана синхронизация на apt.

私はOS XにブータブルUSBをしなければなりませんでした. 私の大きな驚きに私はDDのコピーの速度がotvratitlno低〜600キロバイト/秒であることがわかりました😕 . 簡単な検索が見つかりました後, 私の代わりにrdiskX diskXを使用する必要があります. アイデアは、RDISKがRAWデバイスと同義であるということです. これまでのところは良いが、今ではISO-その後率が150〜200キロバイト/秒〜でも低いことがわかっコピーするブロックデバイス上のRを追加しました😡 . すでに神秘性が完了し、以前の情報は多くのソースによって確認されています!!!! すべては、私は、BSのディレクティブを入れた後、所定の位置に落ちました.

BS = nのnバイトに入力と出力の両方のブロックサイズを設定します。, IBSとOBSオペランドを優先する. もしNOERROR以外の無変換値, NOTRUNCまたは同期が指定されています, その後
各入力ブロックは、ショートブロックのいずれか凝集することなく単一のブロックとして出力にコピーされます.

私は1MサイズBSは速度はUSB-私にそれを期待している達成入れたら、. そして、間違いなくディスクとRDISKの違いをテストした差は約でした 10-12 時間はRDISKの賛成で加速します. DDの速度や進行状況を監視するための多くの文化的な方法は、次のよう搬送されてきたことによって達成することができます

sudo dd if=Downloads/path.to.iso bs=1M | pv | sudo dd of=/dev/rdisk2 bs=1M

私の好みのテキストエディターです。 Geany. 彼は非常に最小限 IDE 言語の巨大な範囲をサポートします。 – シェル, PHP, python, C … など. あなたの自動車-完全な同時に機敏そう. 彼は気持が良い機会を欠けているが、時に、私には十分以上. オンライン コースを開始しました。 Python プログラミング SoftUni の – 私の知識を更新し、私は続いている適切に python で起こるので nadgradâ を作る 3. スピーカーはもちろんお勧めします。 PyCharm pyton プログラミングの IDE として, しかし、私は私の好みから遠く, 当然のことながら演習 Geany を使用します。.

講義中に痛みを感じた 2 リプスィ島

  1. python オートコンプリートと関数やメソッドのドキュメントを息を吐き出す
  2. 検証がない、 標準 pep8

良いことは、それが構成する Geany の十分な柔軟性が、不足しているものを簡単に追加することができます。. 私がやります Python のドキュメントを追加します。 IDE に:

  • プル、 次のスクリプト どこかで私たちのパスたとえば、/usr/bin として忘れないでそれを実行可能にするには
  • 我々 は次の行を追加の設定のようにファイルの ~/.config/geany/filedefs/filetypes.python を編集します。 context_action_cmd = pydocw %s. 前の手順から、binarkata の名前の追加はのみ場合. Geany を実行する場合は、再起動します。.
  • 我々 は既に関数についての情報をプルする必要があるコンテキスト アクションがあります。. Аз си добавих shortcut за да ми е по удобно като не ми е ясно някоя функционалност. 私の同じように多くは netbeans のアプローチ私を苛立たせるのでこのアプローチを濾す.

今のところ大丈夫です. 記述するコードの検証を持ちたいし、 – 一般に認められた基準に従って記述するか、変人の書き込み. 一般的に私は再び発見 tutorialče どのようにことが起こるが、それは少し時代遅れ – Geany すべてあなたで建てられただけパッケージ pep8 をインストールする必要があります。. Debian apt でインストール pep8 魔法のしくみを発見する他の distrota 作品. [ビルド] メニューの 2 番目のボタン (少なくとも私に) е Lint след кликването му ще откриете колко грозен код сте сътворили 😀

Screenshot from 2016-01-11 20-42-21

Това е общи линии как да накарате вашият Geany да работи по добре с Python и същевременно да продължи да бъде бърз без да кара процесора ви да иска да си тегли куршума.

認定 ipv6.he.net 詳細を与える毎日のテストを持っています。 1 すべての主要なテストを経験した後の追加項目. あなたがする必要があります。 100 このようなテスト結果の最大数 😐 . テストそのものが完全に些細です

  • トレース ルート
  • AAAA を掘る
  • PTR を掘る
  • Ping
  • Whois

欠点は、テストが一意であることは、ドメインを使用できない 2 回 🙂 他のものの間では少し迷惑な 🙄 – 羽ばたきだけないの挑戦 5 cli および彼らのウェブサイトで結果をコピー/貼り付けのコマンド.

怠惰な管理人、人生簡単クイック簡単な bash をスクラッチに-私のための汚い仕事をしています。

#!/bin/bash

hr() {
  local start=$'\e(0' end=$'\e(B' line='qqqqqqqqqqqqqqqq'
  local cols=${COLUMNS:-$(tput cols)}
  while ((${#line} < cols)); do line+="$line"; done
  printf '%s%s%s\n' "$start" "${line:0:cols}" "$end"
}

if [ -z $1 ]
then
  echo "Append domain afert the script name!!!"
  exit
fi

IP=$(dig $1 AAAA +short)

if [ -z ${IP} ]
then
  echo "$1 dont have valid IPv6 record"
else
  reset
  traceroute6 $1
  hr
  dig $1 AAAA
  hr
  dig -x ${IP}
  hr
  ping6 -c3 ${IP}
  hr 
  whois ${IP}
fi

スクリプトはめちゃくちゃ簡単です見ることができます。. ドメインを渡す、IPv6 エントリがある場合、およびそこに毎日試験を行ったが、それを検証して、. クールな部分 – 関数 hr を撮影は画面の幅に線を印刷します。 bash ハッカー.

私を最も困らせることの一つは、私をコピー/移動する大きな cli direktorâ で私は、全体の何パーセント量私 pret″rkalâl については全くわかりません. 残念ながら cp/mv があるそのような権力はなし、代替オプションに頼る. かなりの数のオプションがありますが、pc/mv の代わりに rsync の使用のように、個人的に. これは、すべて統合 – ファイルとディレクトリの権利を維持します。, 進行状況バーと機会をコピーしたファイルを削除するのには.

基本的には作った 2 alias-а които вършат повече от чудна работа:


alias cpi='rsync -a --info=progress2'
alias mvi='rsync -a --info=progress2 --remove-source-files'