長い間これら “ボックスを眠っています。” torvât 🙂 いくつかの仕事と作業時間の具体に私の健康受信機がクラッシュする、必要がありますを CAM モジュールの再起動します。. 私の場合 newcs を使用しておよび mgcamd プログラムと真実飛んだスウィフトと確かにプログラムを展開されているプロセスの解読の酷使のための mgcamd stoinosti 80-90% 私が、良い 😉 私 razpolgat m″ničetat 500 s コマンドの大容量でないよう必要の病気と症状薬だけを持っていた明らかにすでに CPU 🙂 を取って psの あるないです。 u 引数 ページのトップへ あるないです。 -p 十分な 😆 busybox のたわごとを使用して、必要なすべての情報を 🙂 に行かせて、多くの憎悪がフォルダーに含まれていると /proc むしろ後方を読んだ後、次の素晴らしいスクリプトを終了していることができませんでしたなしに私の良き友人 ShadowX からの助けの後に前進 クリックします。 🙂 Също така и моя прител Nathariel които ми търпеше жуженето през цялото време 😉 ХАХ типично за мен започвам да обяснвам нещо започвам второ трето и пето 🙂 хахахах Така стига дивотии ами да взема да се хваля колко готен програмист съм 😉

スクリプトの最も重要な構造は、します。

# Get usage cpu time
cputime=`cat /proc/uptime | awk '{print $1}' | sed 's/\.//'`
# Get process usage cpu time
proctime=`cat /proc/${procpid}/stat | awk '{t = $14 + $15;print t}'`
# wait 5 seconds
sleep 5
# get usage cpu time, again
cputime2=`cat /proc/uptime | awk '{print $1}' | sed 's/\.//'`
# get process usage cpu time, again
proctime2=`cat /proc/$procpid/stat | awk '{t = $14 + $15;print t}'`
# calculate process usage cpu time over total usage cpu time as percentage
cpu=$((($proctime2-$proctime)*100/($cputime2-$cputime)))
# limit exceed check
echo CPU usage for PID $procpid is $cpu
if [ $cpu -gt $MAX ];
then
reboot
fi

全体的にみて、私はそれで大丈夫だよ同様記述はかなりスクリプトの心真の価値の/proc/ID · イット · オン プロセス/stat をピックアップし、その後 stoinosta を読み取ります komentarčeta 子 😉 5 秒後. Ičislâvane の Formulkata は透明な理解のため、2 年生はそれを簡単に決める. 何か非常に強調することが重要です。, スクリプトを使用して、 ok″lcan を使用している場合、それはかなり不快なすべての ligni bashの 仕事の技術と使用のロジックの詳細を 😉 で説明したスクリプトの同じページに. 報告と勧告にバグを投稿する幸せになれるだろう, 章は、十分な 🙂 ではないので

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *

アンチSPAM *