ブリッジアダプタのセットアップでCentOSに、あまり面白いですで. 私はすでにインストールされているブリッジ-utilsパッケージとはeth0を受け入れます (これは私の例であります) セット, それでは、基本的な手順を見てみましょう

  1. eth0 BR0でコピーの設定 (すでにここにあなたがそれを修正するために、別のネーミング・アダプタが必要な場合)
  2. Zanestvateはeth0の設定ファイルBR0を記録します
  3. Bridgeのイーサネットアダプタのzamestvateタイプ
  4. 構成BR0のMACアドレスを削除します
  5. 私たちはブリッジアダプタBR0を持つことになりますeth0の設定で設定します

単純なバッシュskriptcheとしてあなたをスケジュールの時間を節約するために、


cd /etc/sysconfig/network-scripts/
cp ifcfg-eth0 ifcfg-br0
sed -i 's/eth0/br0/' ifcfg-br0
sed -i 's/Ethernet/Bridge/' ifcfg-br0
sed -i '/HWADDR/d' ifcfg-br0
echo 'BRIDGE="br0"' >> ifcfg-eth0