デフォルトではインストール時に Muninの cPanelの手でそれらを作る必要がありますいくつかの種類の設定で行方不明. 私のために、それらの一つは、ディスクの温度の監視があります.

一般的には、構成が簡単です

1. 私たちは、ドライブの種類を確認する必要があり – それは、次のいずれかとすることができます : 彼ら, SCSI, 土[,オート][,N][+タイプ], usbcypress[,バツ], usbjmicron[,バツ][,N], usbsunplus, マーベル, ビンロウジュ,N / E, 3ウェア,N, HPT,L / M / N, MegaRAID,N, CCISS,N, オート, テスト. ほとんどの最も簡単な方法は、猫を介して行われ “/PROC / IDE” または “/PROC / SCSI”. 私に:


# cat /proc/scsi/scsi
Attached devices:
Host: scsi0 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: ATA      Model: WDC WD1003FBYZ-0 Rev: 01.0
  Type:   Direct-Access                    ANSI  SCSI revision: 05
Host: scsi1 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: ATA      Model: WDC WD1003FBYX-0 Rev: 01.0
  Type:   Direct-Access                    ANSI  SCSI revision: 05
Host: scsi4 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: ATA      Model: TOSHIBA DT01ACA1 Rev: MS2O
  Type:   Direct-Access                    ANSI  SCSI revision: 05

 

 

見られるように持っています 3 ディスクタイプATA.

2. muninノードが私たちをドライブに記述するべき温度を監視するために開始するには. ファイルには以下のタイプからエントリを追加/etc/munin/plugin-conf.d/hddtemp_smartctl


# cat /etc/munin/plugin-conf.d/hddtemp_smartctl
[hddtemp_smartctl]
user root
env.drives sda sdb
env.args_sda -d ata
env.args_sdb -d ata

 

私たちは、次のように私たちの将来の設定のテストを打つことができます


# env drives="sda sdb sdc" args_sda="-d ata" args_sdb="-d ata" args_sdc="-d ata"  /etc/munin/plugins/hddtemp_smartctl
sda.value 32
sdb.value 33
sdc.value 33

 

あなたが値を取得した場合、すべてが大丈夫であることを意味. あなたがエラーを取得する場合は、すべてが正しく記載していることを確認する必要があります. muninのうなずき-、あなたを再起動し、待つべき 10-15 分人口の少ないデータおよびグラフィックスを描画するために開始. あなたは/var/log/munin/munin-node.logエラーとその容易な除去を確認することができます.

あなたは、ディスクの臨界温度は、このような重要なの説明を追加する必要があるときに電子メールを受信したい場合:

[example.com]
    address 127.0.0.1
    use_node_name yes
    hddtemp_smartctl.sda.critical 55
    hddtemp_smartctl.sdb.critical 55