English: This is a side view of the read head ...

昨日、私は、仮想マシンをピックアップしていたWindowds NTFS 私を共有します. VirtualBoxは、仮想作成するために始めたとき、私の大きな驚きに、マシンは非常に多くのドラッグを開始しました HDD. WFT ??? すぐに迅速トップと輝いていた問題. ntfs-3gをбешезабилна 100% CPU使用率 3 6コアから私. うーん、奇妙な. 次の順序の問題の輝きに足を検討した後、

/sbin/mount.ntfs-3g /dev/sda4 /media/disk1part4 -o rw

明らかには、/ dev / SDA4マウント - イソシアネートをデフォルトのオプションであります. 彼少ない奇跡的な設定はレンダリングされない場合は、全体のNTFSドライバは、株式のdertove集中的な読み書きを持っています.

  1. big_writes – 大きなブロックの記録を使用して、システム上の負荷の強度を落とすための最も重要なオプション.
  2. noatimeオプション – iノードの更新を禁止することによって、システムを加速 アクセス時間 我々は必要としない場合. 私は個人的に私を必要としません
  3. windows_names – ここそこには加速度はありませんが、MSの規則として扱われるファイル名を犠牲にしてその下のファイル名は、小文字は同じされている、彼らは大規模であるかどうかに依存しないとilki.

私はパーティションをマウントされるオプションとして修正されると fstabに 記録はそう見えました


UUID=2213f519-f980-42bf-9e25-9201db38c458  /media/disk1part4  ntfs-3g  defaults,big_writes,windows_names,noatime 0 0

Zemantaの強化されたことにより、