English: This is a side view of the read head ...

私は昨日、Windowds の仮想マシンを選択するには NTFS 私の共有. 私の偉大な驚いたことに、マシンをドラッグし始めた virtualbox を起動すると非常に多く、仮想を作成します HDD. WFT ??? すぐに迅速トップと輝いていた問題. ntfs-3gをがで立ち往生しました。 100% CPU使用率 3 6つのコアから私. うーん、奇妙な. 脚は、次の順序問題の輝きに検討した後、

/sbin/mount.ntfs-3g /dev/sda4 /media/disk1part4 -o rw

明らかには、/ dev / SDA4マウント-EDをデフォルトのオプションであります. 彼少ない奇跡的な設定がレンダリングされない場合は、全体のNTFSドライバは、株式dertove集中的な読み書きを持っています.

  1. big_writes – 大量のレコードを使用して、システムに負荷の強度を削除する最も重要なオプションです。.
  2. noatime – i ノードの更新を禁止するシステムを高速化 アクセス時間 場合する必要はありません。. 個人的に、私は持っていません。
  3. windows_names – ここでアクセラレータがないが、ファイル名はされる MS ファイルが大きいかどうかに関係なく名前規則に従って扱われ、小さな文字が同じ門間.

後、私は私のパーティションをマウントするための両方のオプションを修正 fstab このように見えたレコード

UUID=2213f519-f980-42bf-9e25-9201db38c458  /media/disk1part4  ntfs-3g  defaults,big_writes,windows_names,noatime 0 0

Zemantaの強化されたことにより、